畜産関係者もマコモを利用

 動物へのマコモ利用はペットに限らず、牛や豚、鶏の畜産に関しては臭いの軽や、液体に混ぜて体に噴霧することで皮膚病や切り傷を改善したり、あるいは餌にマコモを混ぜて健康に育ったりと好結果を得てます。

 (40年前のことですが、青森県十和田市在住の養豚家が親豚300頭の飼育で1000頭並みの利益を出したことが農業雑誌でで掲載されました。)